top of page

ルート治療とは

こちらのページでは、

患者様から多く寄せられるルート治療の質問について、お答えしております。

・ルート治療とは ・治療方法

・どの症状に効く?・痛みはある?

・治療頻度は? ・何回通えばいい?

・治療中の注意点 ・治療後の注意点

・​なぜコリが溜まるの?

​ルート治療とは

身体の起こるあらゆる痛み,疾患は筋肉のコリが原因です。
そのコリが症状に合わせて独特な箇所に独特な形状となって現れ、これを「ルート」と呼びます。
​症状ごとにそのルートの場所や範囲を特定し、それを緩めることで症状が消えていくというものがルート治療になります。

呼吸困難に対するルート治療
鍼灸とルート治療の鍼
ルート治療で使用する鍼

治療方法

通常の鍼灸治療よりも多数の太い鍼を使用します。

通常の鍼灸では太さ0.16〜0.2mmの鍼を使用することが多いですが、ルート治療では太さ0.3〜0.4mmの鍼を主に使用します。
1回の治療で50〜200本程の鍼を使用し、ルートを隅々まで捉える治療方法です。

どの症状に効く?

身体に起こるあらゆる痛みや疾患全てに対応可能です。

具体的には、

・慢性的な筋肉の痛み:腰痛、肩こりなど

・スポーツ外傷と障害

・​美容

・頭痛

・関節疾患:膝痛、足関節痛、肩痛、肘痛、手首痛など

・内臓疾患:胃痛、便秘・下痢、肝臓、二日酔いなど

・顔面疾患:視力、耳鳴り、鼻詰まり、顎の症状など
・精神疾患:うつ病、不安、睡眠障害など
・神経、内分泌(ホルモン)系統:動悸、めまい、不眠、更年期障害など

・その他、不定愁訴:しびれ、倦怠感、原因不明の症状など

アトピーに対するルート治療
メンタル疾患に対するルート治療

痛みはある?

よくルート治療の写真を見られた方より

「注射より痛そう」「入墨より痛そう」

という声を耳にしますが、身体の状態が良いほど痛みは感じなくなります。中には治療中に寝ている方もいます。

逆を言えば身体が悪いと痛みも多少出ますが、我慢できないほどの痛みではありません。

中学生〜高齢者の方までルート治療を行ってきましたが、ギブアップされた方は1人もいません。

​もし治療中に我慢ができなくなった場合は、鍼の太さを変える・本数を少なくする・他の手技で対応することもできますので、ご安心ください。

IMG_5323.HEIC

​治療頻度は?

初めのうちは1週に1回または2週に1回の通院を推奨しております。

​症状が出る頻度が減れば、通院間隔を1週間ずつ空けていきましょう。

治療後3〜5日程で症状の改善を感じられることが多いですが、期間が空くと再度コリが蓄積し、症状が治るまで時間がかかるということも考えられます。

​1ヶ月以上空いた場合でも治療効果を感じることはできますが、症状が治るまではかなりの時間を有する可能性があります。

うつ病に対するルート治療
踵のガサガサに対するルート治療
踵のガサガサに対するルート治療

何回通えばいい?

1回の治療で除去できるコリの量は50程度で、免疫の関係上、どれだけ頑張って施術をしてもこれ以上一気に除去することはできません。
 

よくコリの総量を借金で例えています。1回50万円ずつ返済できるとしましょう。

1000万円分のコリが溜まっている重症患者様では、20回の治療が必要になります。

100万円分のコリが溜まっている軽症患者様では、2回の治療で済みます。
 

人によって蓄積量は変わりますので「必ず⚪︎回で治す」とは言い切れません。

治療中の注意点

鍼を刺している間はなるべく身体を動かさないようにしてください。発生頻度は少ないですが、身体が動いてしまうと鍼の深さが変わってしまったり曲がってしまうことがあります。

内出血や鍼跡が出やすいため、仕事やプライベートに支障が出る方は治療方法を変更いたしますので、事前にご相談ください。これらは治療後1〜2週間ほどで消失します。

 

着替えも治療時間に含まれていますので、すぐに治療できる簡単な服装でご来院ください。

鬼美容鍼
足首の捻挫に対するルート治療

​治療後の注意点

一時的に症状が強く出ることがあります。これは好転反応と呼ばれる「身体が良くなっている証拠」です。身体の状態が悪いほどこの好転反応は強く出ますし、長引きやすくなります。

 

アルコールに関しては、酔いが回りやすくなることもありますので、状態に合わせて楽しんでください。

なぜコリが溜まるの?

・使い過ぎや筋緊張の蓄積

・ストレス(不安、怒り、気の使い過ぎなど)の蓄積

・過去の壮絶な経験

・遺伝(先天性のコリ。父や母のコリを多く引き継いで生まれてきた)

・手術や交通事故、スポーツでの接触

・食生活や嗜好品

これらの要因があります。

特に高齢者の方、スポーツ選手、長時間労働の方、休憩のない仕事、薬品を扱う方やストレスの溜まりやすい仕事などが、コリが溜まりやすくなります。

アトピーに対するルート治療
bottom of page